世界最古の仏像 ガンダーラ仏像小品展

2008.09.13 Saturday 23:42
ようやく湿気と暑さから開放され、いよいよ爽やかな読書の季節がやってきます。
秋は感受性が高まるので、読書の他にも散歩や鑑賞がとても楽しめる時期ですね。

そんな中、アール座読書館、秋の企画展のテーマは「ガンダーラの仏像」です。
皆さんは「ガンダーラ美術」と言う言葉を耳にした事があるでしょうか。

現在のパキスタン北西部にあたる地域に、紀元前後(ヨーロッパはローマ帝国、日本は弥生時代位)から10世紀頃まで栄えた、ガンダーラの地は時代ごとに様々な王朝に支配された国でしたが、その1〜5世紀頃の間、仏像をはじめて生み出したとも言われる優れた仏教美術が展開した事で有名なのです。

永年歴史の中に埋もれていたこの美術は、今世紀に入って各国の学術調査隊による本格的な発掘が始まると、一躍世界の脚光を浴びるようになりました。

美術品は大変質が高く、特にその美しさと生命感は秀逸です。
インドと古代ギリシア・ローマ、両者の影響を強く受けているため、東西の美的感覚を合わせ持つ様式が特徴的で、超越的な雰囲気の日本の仏像に対して、ギリシア彫刻の様な、人間的魅力にあふれるホリの深い仏様の姿は、我々の目にとても新鮮に写ります。

展示品は仏像、仏頭などの小品15点程、及び複製品数点です。
小さなモノが中心ですが、どれも7世紀以前の大変貴重な出土品です。
他に関連書籍なども集めましたので、こちらはお席でご自由にお読み頂けます。

今回、展示及び監修にご協力を頂いたのは、骨董店「欧亜美術」→http://www.eurasian-art.com/
経営者の栗田功氏は、自らも現地に赴き出土品を、収集する行動派の骨董屋さんで、ガンダーラ美術における日本有数の専門家でもあります。

展示品はご購入頂く事も出来ます。どうぞお気軽にご相談下さい。

展示期間は  2008年10月3日(金)〜10月19日(日)
小さな展示会ですが、日本では中々レアな内容で、一見の価値アリだと思います。

どうぞこの機会に、遥か昔遠い異国に暮らした人々の、厚い信仰心に心を重ねてみてはいかがでしょうか。

皆様のご来店をお待ちしております。
category:2008 | by:アール座読書館 | - | - | -

新メニュー、展覧会のお知らせ

2008.07.22 Tuesday 01:16
こんにちは。

梅雨もあけ、いよいよ夏っぽくなって参りましたが、お待たせ致しました!
ようやく夏用メニューがスタートしました。
オリジナルのアイスドリンクを中心に、大幅にメニューを追加しつつも、従来のメ
ニューはほとんど残してあります。

さらにこれから、日替わりメニューやフェアメニューも少しづつ増やして行けたらと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

7月19日から当店のギャラリーコーナーにて、アーティスト、カトレア草舎(そうしゃ)さんの展覧会が始まりました!

「森と読書と喫茶室」という、読書館にピッタリのテーマの企画展です。
日に焼けた古書のページをベースに、丹念に描かれた草花や小鳥の小さな絵画作品が壁を飾り、店内は普段よりも一層、森っぽさを強めております。

日本の花鳥風月の美しさ、かわいらしさというのは、世界の自然物の中でも群を抜いているなあと、僕はいつも感じるのですが、やはり自分が日本人の感受性を持っているからなのでしょうか。
南国のカラフルな鳥や植物も確かに美しいですが、日本の野鳥や小さな野生の草花の色合いや姿形は言いようのない程繊細で侘しくて、心に染みて来る点ではヨソのものとは比較にならないと思ってしまいます。

江戸時代の装飾画の流派「琳派」の絵画をモチーフにした、愛らしいシリーズ作品「琳派と鳥と花のカード」は、そんな詫びた繊細な風合いと、かわいらしい物語のような雰囲気が居合わせる不思議なイラストです(カトレア草舎HP→http://katorea.xii.jp/)。 

どうも文章ではウマくお伝え出来ないので、ぜひ一度、期間中にご来店下さい。
作品のイラストをあしらった文房具や紅茶葉の販売コーナーもございます。

また、新メニューのアイスドリンクの他に、展覧会企画と連動した期間限定の紅茶メニュー「森の月明かり」もご用意しました。
月夜の森を散歩しているようなイメージの花や果物が香るフレーバーティーです。

「暑くて何もしたくないー」という方、ぜひ森のようなお部屋で素敵な作品を眺めつつ、お飲み物と読書でのんびり涼んでみてはいかがでしょうか。

会期は7月19日(土)〜8月31日(日)までで、8月の11日〜14日までは夏季休業となりますので、ご注意下さい(→夏季休業日のお知らせ参照)。
尚8月2日、31日は作家さんがお店にいらっしゃいます。
小さなお声でのお話なら構いませんので、お気軽にお声をかけて下さい。





category:2008 | by:アール座読書館 | - | - | -

カトレア草舎による展示会のご案内

2008.06.19 Thursday 12:28
アール座読書館ではアーティストの方々にギャラリーとして店内のスペースをご提供しているのですが、7/19(土)〜8/31(日)、カトレア草舎さんというペーパークラフトやイラストを中心とした作家さんの展示を行います。彼女のやさしくノスタルジックな作風がアール座読書館の独特の空気感と混じり合うのが楽しみな展示会です。

************

「森と読書と喫茶室」


水槽を眺めるソファや大きな机 古い列車のような座席
たくさんの本と 幻想的な音楽

高円寺の路地裏にある少し不思議な読書空間、
アール座読書館にて カトレア草舎による絵の展覧会を行ないます。

新作『リスのための小さな封書』のガラス瓶詰めなどの文房具類や
オリジナルの紅茶『森の月明かり』をご用意しました。


「森と読書と喫茶室」

出展者:カトレア草舎
会期:2008年7月19日(土)から8月31日(日)
<会期中休業日 定休日、8/11(月)〜8/15(金)>
<作家在廊日:7/19、8/2、8/31>

平日 13:30〜22:30
土日祝 12:00〜22:30
月曜日定休(月曜祝日は翌火曜休み)

場所 アール座読書館(東京 高円寺)

杉並区高円寺南3-57-6 2F
03-3312-7941

お店への行き方
JR高円寺駅南口PAL商店街を進み、一本目の路地を右折後すぐ。

アール座読書館はなるべく声高な会話はご遠慮いただいております。
また、ご来館の際はお飲み物のオーダーをお願いします。


*****************

カトレア草舎
category:2008 | by:アール座読書館 | - | - | -

真空管アンプの話

2008.06.02 Monday 12:26
こんにちは。
突然ですが今日は当店の真空管アンプをご紹介します。

当店では室内の空気作りに緩やかに鳴るBGMが一役買ってくれていますが、そんな音楽を奏でてくれているのは実は手作りの真空管アンプなのです。
これは店主の義兄がこの室内と使い方に合わせて設計、作成してくれたものです。

私自身オーディオ関係は素人で、始めは自分にも音の違いが分かるのかな?という気持ちでしたが、最初にこの丸い音を聞いた時はこんなにもハッキリ違うものなのかと驚きました。

このアンプは構成がシングル回路で決してスペックの高い物ではないのですが、逆にシンプルさにこだわる事でその素直な特性を生かす作りになっています。

お好きな方のために製作者の言葉を借りて詳しくご説明致しますと「欧州の名器と言われる高出力5極真空管EL34をあえて3極管として使い、出力を抑え(7W)負帰還もほとんどせず見かけ上の歪みやダンピングファクターの改善も試みない」という、要するにとことん単純な作りを選ぶ事でハイエンド路線とは異なる、極めて素直な特性の自然な音質を狙うというシロモノです。

良く秋葉原のオーディオ館なんかで鳴っている、尋常ではないクリアーな音質ではありませんが、それとは違う「自然界に必ずある歪みというモノをそのまま忠実に再現」しているという何だか呑気でカワイイ奴なんです。

読書館の落ち着いた雰囲気の中で静かに音を鳴らす事を想定した設計なのですが、これが見事にハマって、本当に心地の良い音楽を奏でてくれています。

僕が学生の頃は、輪郭が強くて低音部と高音部を強調したような音質(ドンシャリと言ったらしいです)が流行ったのですが、柔らかい音楽が好きだった僕はどうもそれに馴染めずオーディオにハマる事はありませんでしたが、今になってこういう気持ちイイ音に出会えると、マニアの人達が真空管の泥沼にはまってゆく気持ちがやっと分かった気がします。

製作者に「真空管好きのお客さんに部品の事とか聞かれても答えられないなぁ」と私が言うと「その時は黙ってこれを指差しなさい」と真空管の空箱を置いていってくれました。

東欧製の真空管や懐かしい山水のトランスが使用されています。
興味のある方はショーケース横のアンプをご覧下さい。

お詫び

先日、当店メニューのアイスティー、アイスコーヒーの説明文の方の価格表示に誤りが見つかりました。
これまでそちらの価格を見てご注文をされた方、ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。
お詫び申し上げます。   
                                                店主
 

アール座読書館の楽しみ方

2008.03.29 Saturday 02:39

高円寺の路地裏に 現実から少しずれたような 静かな読書空間が出来ました。  

水槽を眺めるソファや大きな机 古い列車のような座席もございます

先ずは一番落ち着ける場所を見つけて下さい

 

 

 

お席についたら 木々と水音の中で 思考を止めて頭を休めて下さい

幻想的な音楽の中で 懐かしいような不思議な感覚に包まれて下さい

 


感覚が開き始めたら書棚に向かい 気の向くままにお好きな本を手に取って下さい

ご注文はその後でも結構です
                    (アール座読書館 開店時のフライヤーより)

 

 

 

 

 

僕は日頃、当面の問題やらスケジュールやら色々な考えにアタマがとらわれてしまうと、すぐに先が見えなくなってしまうタチなので、時々日常から離れ、あまりモノを考えない時間を過ごすことがとても大切なことだと考えています。

静かな所でしばらく頭を休めていると少しづつ感覚が開いてきて、普段見過ごしているような微かなこと(微妙に空気が湿っぽいとか、首のある部分が少し疲れてるとか)が感じられるようになり、日常どれだけ体が鈍くなっていたかということに気付いたりします。

五感で感じることは全て今起きている現象なので、ここに意識が向くと、頭の中にいつも渦巻いているような考えごとから一旦離れることが出来ます。

そうしてから改めて今の自分の立場を俯瞰から見降ろしてみると、今とらわれていることの中の大事なこととそうでないことや、自分が今人生のどんなポイントに立っているのかということ、また普段は見ようともしない、今の自分がとても恵まれている部分に目が向いたりします。

そして、感覚が開くとお茶やコーヒーがとても美味しいです。

こういう風に頭を休めてお茶を楽しめる静かな場所が東京には少ないので、自分が店を始めるならそんな現実逃避をゆっくりと出来る静寂と嫌でも感覚が冴えてしまうような空間を作ろうと常々考えていました。

そんな訳で、店の入口にお話をご遠慮いただく旨のお願いを貼り出して営業を始めました。

本を読まれたりくつろいでいらっしゃる方の繊細になっている感覚のおじゃまにならない様、長く続くお話と声高なお話はご遠慮下さい、というお願いです。

特に感覚を開いている時、他の物音と違って人のお話声は、小声であっても思いの他心の中にまで入ってきてしまうので、当店では小声でも続くお話はご遠慮頂いております(小声での短く終わるお話は構いません)。

初めての方には分かりにくいシステムで恐縮ですが、どうぞ静かな空間でゆったりとした時間をお楽しみ頂けると幸いです。

もちろんお勉強や作業にお使い頂くことも出来ますが、そんな方もどこかで手を休めて、どうぞ少しの間でも現実を離れる時間を作って頂けたら嬉しいです。

 


またヨガや気功なんかでは、開いた感覚をずっとそのままにしておくのは良くないとも言われます。

ボーっと過ごした後、お店を出る前には緩んだ気をちょっと引き締め直すと良いみたいです。

 

 

アール座の由来

2008.03.11 Tuesday 02:07
「店名のアールって何ですか?」というご質問をよく受けます。

アールというのはアールヌーボーやアールデコのアール、つまり芸術(art)の意味です。当店は、絵画、写真、文学等の芸術作品をメインに皆様が楽しめる場所を目指しているので、そんな気持ちで名付けました。

調べてみたら、昔、パリにアール座という劇場もあったそうです。日本語にしたら芸術座という感じでしょうか。

R座読書館という表記はロゴとしてデザイン的にRの文字を使っていますが、正式には「アール座」としました。

また、店名に読書館とつけたのは、まず、本を静かに心地よく読んで頂く場所を提供したいという気持ちがありました。喫茶店というよりも『ここは気持ちよく読書出来る場所ですよ』とお伝えしたかったわけです。

『名は体を表す』ではないですが、何も宣伝していないオープン初日から、読書目的のお客様がいらっしゃり、本当に嬉しいことでした。その後も続々と本の好きな方が集まってくださり、各々静かな時間を過ごされています。もちろん、喫茶店ですから、喫茶目的でいらっしゃっるのも大歓迎ですよ。

当店で皆様が素敵な時間を過ごしていただければ、本当に嬉しい限りです。

アール座読書館と映画

2008.02.24 Sunday 22:23
オープンから3ヶ月とまだ日の浅いアール座読書館ですが、雑誌『cafe & restaurant』の「映画のある生活」というコーナーで当店が紹介されました。取材をしてくれたのは、キノ・イグルーの有坂塁さん、現代版移動映画館というような素敵な活動されている方です。このコーナーは、カフェ店主の好きな映画を取り上げ、お店の雰囲気を感じてもらうというとても興味深いもの。

当店主が挙げた好きな映画3本は
◎「ノスタルジア」アンドレイ・タルコフスキー監督
◎「ミツバチのささやき」ビクトル・エリセ監督
◎「ヤンヤン夏の想い出」エドワード・ヤン監督

お店のイメージが浮かびますか?

映画にまつわるエピソードが詳しく載っております。どうぞ書店でお買い求めくださいませ。

『cafe & restaurant』2008年3月号


cafe & restaurant 1
category:2008 | by:アール座読書館 | - | - | -

お店への行き方

2008.02.15 Friday 10:59

当店はJR高円寺駅南口より徒歩5分です。

高円寺駅南口を出て線路沿いに右手(西)に進むと、南に向かって伸びるアーケード街「pal商店街」の入口があります。商店街を入ってしばらく進み、右折出来る最初の路地(100円ショップダイソーの斜向いに路地があります)を右に入って20m程進むと、左手2階にお店があります。

居酒屋さんが何件か並んでいるエリアの向かって左側、ホルモン焼きの「新井屋」さんの2Fです。

 

入口階段の前にひっそりと看板が出ています。

※現在、事情により平日は20:00(L.O.19:30)までの営業となっております。


PR
Calender
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Selected entry
Category
Archives
Profile
Search
Others
Mobile
qrcode
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM