真空管アンプの話

2008.06.02 Monday 12:26
こんにちは。
突然ですが今日は当店の真空管アンプをご紹介します。

当店では室内の空気作りに緩やかに鳴るBGMが一役買ってくれていますが、そんな音楽を奏でてくれているのは実は手作りの真空管アンプなのです。
これは店主の義兄がこの室内と使い方に合わせて設計、作成してくれたものです。

私自身オーディオ関係は素人で、始めは自分にも音の違いが分かるのかな?という気持ちでしたが、最初にこの丸い音を聞いた時はこんなにもハッキリ違うものなのかと驚きました。

このアンプは構成がシングル回路で決してスペックの高い物ではないのですが、逆にシンプルさにこだわる事でその素直な特性を生かす作りになっています。

お好きな方のために製作者の言葉を借りて詳しくご説明致しますと「欧州の名器と言われる高出力5極真空管EL34をあえて3極管として使い、出力を抑え(7W)負帰還もほとんどせず見かけ上の歪みやダンピングファクターの改善も試みない」という、要するにとことん単純な作りを選ぶ事でハイエンド路線とは異なる、極めて素直な特性の自然な音質を狙うというシロモノです。

良く秋葉原のオーディオ館なんかで鳴っている、尋常ではないクリアーな音質ではありませんが、それとは違う「自然界に必ずある歪みというモノをそのまま忠実に再現」しているという何だか呑気でカワイイ奴なんです。

読書館の落ち着いた雰囲気の中で静かに音を鳴らす事を想定した設計なのですが、これが見事にハマって、本当に心地の良い音楽を奏でてくれています。

僕が学生の頃は、輪郭が強くて低音部と高音部を強調したような音質(ドンシャリと言ったらしいです)が流行ったのですが、柔らかい音楽が好きだった僕はどうもそれに馴染めずオーディオにハマる事はありませんでしたが、今になってこういう気持ちイイ音に出会えると、マニアの人達が真空管の泥沼にはまってゆく気持ちがやっと分かった気がします。

製作者に「真空管好きのお客さんに部品の事とか聞かれても答えられないなぁ」と私が言うと「その時は黙ってこれを指差しなさい」と真空管の空箱を置いていってくれました。

東欧製の真空管や懐かしい山水のトランスが使用されています。
興味のある方はショーケース横のアンプをご覧下さい。

お詫び

先日、当店メニューのアイスティー、アイスコーヒーの説明文の方の価格表示に誤りが見つかりました。
これまでそちらの価格を見てご注文をされた方、ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。
お詫び申し上げます。   
                                                店主
 

スポンサーサイト

2017.09.30 Saturday 12:26
category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

PR
Calender
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Selected entry
Category
Archives
Profile
Search
Others
Mobile
qrcode
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM