アール座読書館の楽しみ方

2008.03.29 Saturday 02:39
高円寺の路地裏に 現実から少しズレたような 静かな読書空間が出現しました
水槽を眺めるソファや大きな机 古い列車のような座席もございます 
先ずは一番落ち着ける場所を見つけて下さい
お席についたら 木々と水音の中で 思考を止めて頭を休めて下さい
幻想的な音楽の中で 懐かしいような不思議な感覚に包まれて下さい
感覚が開き始めたら書棚に向かい 気の向くままにお好きな本を手に取って下さい
ご注文はその後でも結構です
(アール座読書館 開店時のフライヤーより)

僕は日頃、当面の問題やらスケジュールやら色々な考えにアタマがとらわれてしまうと、すぐに先が見えなくなってしまうタチなので、時々日常から離れ、あまりモノを考えない時間を過ごすことがとても大切なことだと考えています。

いつも、静かな所でしばらく頭を休めていると少しづつ感覚が開いてきて、普段見過ごしているような微かなこと(微妙に空気が湿っぽいとか、首のある部分が少し疲れてるとか)が感じられるようになり、日常どれだけ体が鈍くなっていたかを思い知らされたりします。
そして、今の自分の立場を俯瞰から見るような感覚で、今とらわれていることの中の大事なこととそうでないことが見えてきたり、普段は見ようともしない、今の自分がとても恵まれている部分に目が向いたりします。
また感覚が開くとお茶やコーヒーがとても美味しいです。

こういう風に頭を休めるためにはある程度の静寂が不可欠かと思うのですが、東京にはそういう場所があまりないので、自分が店を始めるならそんな現実逃避が出来る静かな場所を作ろうと常々考えていました。

そんな訳で、店の入口にお話をご遠慮いただく旨のお願いを貼り出して営業を始めました。
本を読まれたりくつろいでいらっしゃる方の繊細になっている感覚のおじゃまにならない様、あまり長く続くお話と声高なお話はご遠慮下さい、というお願いです。

アール座読書館は何よりも静かな空間をご提供させて頂く事を第一に考えておりますため、静寂を求めて遠方よりいらっしゃる方や感覚を開いてくつろいでいらっしゃる方もおられます。
特に感覚を開いている時、他の物音と違って人のお話声は、小声であっても思いの他心の中にまで入ってきてしまうので、当店では小声でも長く続くお話はご遠慮頂いております(小声での短く終わるお話は構いません)。

初めての方には分かりにくいシステムで恐縮ですが、どうぞ静かな空間でゆったりとした時間をお楽しみ頂けると幸いです。
また、そんな空気の維持に多くのお客様のご協力を頂けていることに対し、本当にどう表して良いものか、深い恐縮と感謝の気持ちを感じております。

もちろん上のような楽しみ方は一例ですので、お仕事の原稿等を持ち込んで頂く等のご利用法ももちろん結構ですよ。
静かで集中しやすい店内ですので書き物をされる方もよくいらっしゃいます。

気功なんかでは、ずっと感覚を開きっぱなしでいるのは良くないようなことを言います。
ボーっと過ごした方は、お店を出る前に緩んだ気をちょっと引き締め直すと良いみたいです。


スポンサーサイト

2017.12.16 Saturday 02:39
category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

PR
Calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Selected entry
Category
Archives
Profile
Search
Others
Mobile
qrcode
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM