写真で見る日本の近代史

2009.02.26 Thursday 23:54
前回、雪の日の読書館の素晴らしさを力説したにも関わらず、雪らしい雪も降らずに冬が終わりそうな勢いなので、あきらめて今月のおすすめをしたいと思います。

しかし、江戸時代ってホントにあったんですね。
アホなことを言ってるようですが、最近本気で僕が実感している事です。

今年に入って、店の書棚用に江戸〜昭和初期の日本を写した写真集を何冊かまとめて入手した折、日本の近代文化を古い写真で見ることにハマっていました。
明治維新、戦後と海外の文化が急激に流れ込んで一気に様変わりしてしまう日本では、古い文化に対しての現実感が何となく薄いと言うか、別世界の出来事という感じがしませんか?
特に江戸時代や戦後の風景は、ドラマやTVのセットでおなじみなだけに、思い浮かべると余計にフィクションのような印象になりがちですよね。

古い写真が教えてくれるのは、その現実感です。情報として頭では分かっていても、感覚的に本当にあった事として受け入れられていなかったなあという感想を持ちました。


更に、そんな古い白黒写真を見る時には、想像力をフル稼働して頭の中で色付けして見てみると楽しいです。
僕ら以降の世代の人は、戦後とか安保闘争とか、何となくモノクロイメージだったりしませんか?
そのことが、現実感を妨げているようにも思います。
でもホントは戦後だって色ついてたんです
上手にカラー変換が出来た時は、写真から実像を覗き見れたような感覚を楽しめました。
慣れてくると少しくらいなら動画にする事も出来るようになりますよ。

そして次第に「この時代はホントにあったんだ」「それは現代と地続きなんだ…」と感じられて来ます。

江戸の町人なんて風変わりな異民族文化みたいで、本当にこんなカッコした人たちが走り回っていた国が日本なんだなあと改めて思うと、とても不思議です。
全てこれらの時代の事実があったから、今の日本がこうなんですね。
皆、当たり前と思われることばかりかも知れませんが「そんなこと知ってる」という知識的な理解とはレベルが違う実感が写真の持つ説得力です。

数冊ですが、アール座読書館の書棚にこの手の写真集を揃えて見ました。
興味のある方は、是非お茶を飲みながら、カラー変換遊びをして楽しんで見て下さい。
物足りない方は大型の図書館に行くと、それで一日過ごせるかも…。
category:2009 | by:アール座読書館 | - | - | -

スポンサーサイト

2017.09.30 Saturday 23:54
category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

PR
Calender
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Selected entry
Category
Archives
Profile
Search
Others
Mobile
qrcode
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM