仏像さんと虫の声

2008.10.08 Wednesday 01:05
ずいぶんと外が涼しくなってきました。
春先とこの時期は空調の音が消えるため、アール座読書館はとても静かになります。

そんな中、ギャラリーコーナーではガンダーラの仏像小品展が絶賛開催中です。
店内は、1500年以上も昔に彫られたギリシア彫刻のような仏像達のかもし出す、
厳かな雰囲気に包まれております。

更に夕方暗くなって来ると、最近窓の外のプランターで飼っている鈴虫たちが、本当に澄んだ鈴の音のような声で所々から鳴き始めるのですが、これがまた無常観たっぷりで、仏像と供に侘びの効いた秋の夜長を演出してくれています。

鳴き声は日にもよるのですが、大抵薄暗くなる頃から鳴き始めます。
鈴虫達は大体が10月中にその生を終えるらしいので、美しい声が聞けるのもあと僅かです。
うーん、そう思って聞くと更に侘びしいですね。沁みて来ます。

ガンダーラ展の方は10月19日まで開催です。

小さな仏頭などが中心なのですが、独特の雰囲気を持った見応えある作品は一見の価値アリ。
また販売は欧亜美術さん(http://www.eurasian-art.com/index.html)のご好意で、特別価格にてご提供させて頂いております。

虫の声と両方楽しみたい方は、比較的静かな平日の遅い時間がおすすめです(雨の日や寒すぎる日はあまり鳴きません)。

ただ、いつまで鳴いてくれるかは分かりませんので、お早めにどうぞ。

category:2008 | by:アール座読書館 | - | - | -

スポンサーサイト

2017.04.15 Saturday 01:05
category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

PR
Calender
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Selected entry
Category
Archives
Profile
Search
Others
Mobile
qrcode
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM