アール座読書館 ご利用法

2009.02.19 Thursday 12:49
0
    アール座読書館は読書喫茶室です。

    都会の中に、木々に囲まれてお茶を飲みながら本が読める静かな空間があってもいいなと思ったのが、開店のきっかけです。

    なので大変恐縮なのですが、長いお話,声高なお話し声はご遠慮いただいておりますので、お話目的の方はご遠慮下さい。

    お代は、喫茶店と同じ様にお飲物のご注文で頂きます。

    蔵書は 文学(短編集、詩集) 写真集 画集・美術書 絵本 自然科学 思想 哲学 心理学 文学系漫画 旅行書 等幅広く取り揃えております。
    もちろん本の持ち込みもOKです。

    本を読まずにただ水槽を見るもよし。
    書き物のお仕事をされる方やただお茶を飲んでボーっとされてる方もいらっしゃいます。

    都会では貴重な静かな空間をご用意しておりますので、どうぞお好きなように使って下さい。




       
         ご利用に関して



    基本的にお話以外は、普通の喫茶店としてご利用頂いて問題ありません

    お好きなお席をご自由にお選び下さい。

    メニューは机の上にございます。

    ほとんどが550円〜650円程度のドリンクメニュー中心で、コーヒー類やフレーバーティー、ホットのミルク系ドリンクやジュース、お茶類その他の飲料と甘いものが少々ございます(2杯目以降のドリンクは全て100円引きになります)。
    甘みが強かったり個性的な風味のモノも多いですが、それぞれメニュー表に説明がございます。

    ご注文はお好きなタイミングで構いませんので、お決まりになりましたらお呼び下さい。
    先にこちらから伺ってしまっても、後にされる場合は遠慮なくおっしゃって下さい。

    本棚の書物はご自由にお席にお持ちになってご覧下さい。

    お水のおかわりはいつでもお知らせ下さい。

    入口脇に、ブランケットと床に置くお荷物入れのカゴがございますので、ご自由にお使い下さい。

    携帯電話のお話は、扉の外でお願いしております。


    お座席に関して

    店内がすいている時、お席はご自由に何度でも変わって頂いて構いません。
    すみませんがその際、使用中の食器はご自分でお持ちになって移動して下さい。
    ※満席時にお席が空いた場合は、狭いお席やご相席の方から優先的にご案内する場合もあります。

    店内がすいている時は、お連れの方と別々にお席をご利用頂いても構いません(混雑時はご一緒のお席でお願いしております)。

    また当店には3名様ご一緒のお席というものがありません(一カ所だけお二人席が2つ並んでいる所があります)ので、それ以上の人数でご利用の場合には、大抵別のお席に別れてお座り頂く形になってしまいます。

    喫煙コーナーに関して

    当店は、お座席の方は全席禁煙になっておりますが、室内後方の隅に立ってお吸い頂く形の簡易的な喫煙コーナー(換気扇)がございます。
    ゆっくりお煙草を楽しめる環境ではありませんが、周囲にお客様のいらっしゃらない時に限りご利用下さい(混雑時は使えないことが多いです)。

    お吸いにならない方へ
    時々お座席の方に、若干煙の匂いが流れて来ることがございます。
    すみませんが、ご利用の際はご了承下さい。

    土日祝日のピークタイム(14時〜16時頃)のご利用に関して

    お客様のご来店が集中してしまう上記の時間帯には、満席のためお席をお待ち頂いてからのご利用となってしまうことも多いです。

    混雑時はどうしても多少の人の出入りや調理に伴う騒がしいさも出てしまいますため、可能な方にはアール座の静けさを楽しめる夜の時間帯や平日のご利用をおすすめ致します。

    満席の場合3組様まで、携帯電話をお持ちの方に番号をお伺いして、お席が空いたらご連絡を差し上げるという形でお待ち頂くことが出来ます(申し訳ありませんが、店内でのお席待ち及びご予約は承っておりません)。

    こういうお店ですので、お待ち時間がどれ位になるかをはっきりとお伝え出来ないのですが、ご連絡を差し上げた時点でのキャンセルもお受け致しますので、お時間のある方はご利用下さい。

    また混雑時には遠方よりお越しの方がご入店出来ないことなどありますため、誠に申し訳ありませんが、満席が続くような場合、あまりの長時間に渡るご利用はお控え頂きますようお願いしております(2、3時間程度は気にせずお使い下さい)。

    長時間のご利用をされる方に

    アール座は机も広く静かな場所ですので、お勉強や書き物のお仕事にご利用頂くことも出来ますが、満席が続く混雑時などはあまりに長時間に渡るご利用はお控え下さいますよう、お願い申し上げます。
    ※4、5時間を超えるような場合には、こちらからお声をかけさせて頂くことがあります。

    また当店ではシステム上ギリギリの収益で経営を続けておりますため、通常時でも長くご利用される方には、出来ましたらお飲物の追加などご協力を頂けますととても助かります。(;^_^A

    すみませんが、ご協力よろしくお願い致します。<(_ _)>

    アール座読書館の楽しみ方

    2008.03.29 Saturday 02:39
    0
      高円寺の路地裏に 現実から少しズレたような 静かな読書空間が出現しました
      水槽を眺めるソファや大きな机 古い列車のような座席もございます 
      先ずは一番落ち着ける場所を見つけて下さい
      お席についたら 木々と水音の中で 思考を止めて頭を休めて下さい
      幻想的な音楽の中で 懐かしいような不思議な感覚に包まれて下さい
      感覚が開き始めたら書棚に向かい 気の向くままにお好きな本を手に取って下さい
      ご注文はその後でも結構です
      (アール座読書館 開店時のフライヤーより)

      僕は日頃、当面の問題やらスケジュールやら色々な考えにアタマがとらわれてしまうと、すぐに先が見えなくなってしまうタチなので、時々日常から離れ、あまりモノを考えない時間を過ごすことがとても大切なことだと考えています。

      いつも、静かな所でしばらく頭を休めていると少しづつ感覚が開いてきて、普段見過ごしているような微かなこと(微妙に空気が湿っぽいとか、首のある部分が少し疲れてるとか)が感じられるようになり、日常どれだけ体が鈍くなっていたかを思い知らされたりします。
      そして、今の自分の立場を俯瞰から見るような感覚で、今とらわれていることの中の大事なこととそうでないことが見えてきたり、普段は見ようともしない、今の自分がとても恵まれている部分に目が向いたりします。
      また感覚が開くとお茶やコーヒーがとても美味しいです。

      こういう風に頭を休めるためにはある程度の静寂が不可欠かと思うのですが、東京にはそういう場所があまりないので、自分が店を始めるならそんな現実逃避が出来る静かな場所を作ろうと常々考えていました。

      そんな訳で、店の入口にお話をご遠慮いただく旨のお願いを貼り出して営業を始めました。
      本を読まれたりくつろいでいらっしゃる方の繊細になっている感覚のおじゃまにならない様、あまり長く続くお話と声高なお話はご遠慮下さい、というお願いです。

      アール座読書館は何よりも静かな空間をご提供させて頂く事を第一に考えておりますため、静寂を求めて遠方よりいらっしゃる方や感覚を開いてくつろいでいらっしゃる方もおられます。
      特に感覚を開いている時、他の物音と違って人のお話声は、小声であっても思いの他心の中にまで入ってきてしまうので、当店では小声でも長く続くお話はご遠慮頂いております(小声での短く終わるお話は構いません)。

      初めての方には分かりにくいシステムで恐縮ですが、どうぞ静かな空間でゆったりとした時間をお楽しみ頂けると幸いです。
      また、そんな空気の維持に多くのお客様のご協力を頂けていることに対し、本当にどう表して良いものか、深い恐縮と感謝の気持ちを感じております。

      もちろん上のような楽しみ方は一例ですので、お仕事の原稿等を持ち込んで頂く等のご利用法ももちろん結構ですよ。
      静かで集中しやすい店内ですので書き物をされる方もよくいらっしゃいます。

      気功なんかでは、ずっと感覚を開きっぱなしでいるのは良くないようなことを言います。
      ボーっと過ごした方は、お店を出る前に緩んだ気をちょっと引き締め直すと良いみたいです。



      PR
      Calender
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << April 2014 >>
      Selected entry
      Category
      Archives
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM